最近の音楽の趣向について

人生には限られた時間しかない。そんなことは百も千も万も承知でいるのにしょうもない音楽を聞いてヘラヘラするのがやめられない。自分の時間を持つために他人との約束を渋ったりして早く家に帰っているのに俺は何をやっているんだと思うことがある。そんな最近はGIRL NEXT DOORを聞いている。音楽というのは思ってもいない方向から好みのものが見つかるかもしれないので根気強く自分の好みの外のものも聞いている。今のところGIRL NEXT DOORに対して特に感情はない。こうして日々焼畑農業的に音楽と向き合っている。俺には残されている時間が少ないんだ、GIRL NEXT DOORなんて聞いている場合ではない。早くハロプロ関連組やSexy Zoneを聞きたいのにエイベックスの悪いところが全部出たグループの音楽を聞いている時間など私にはない。しかしこうして誰かが語り継いでいかなければGIRL NEXT DOORというグループは本当にいなくなってしまう。世間に忘れられてしまったときが本当にその人が死んだときとはよく言われるがGIRL NEXT DOORは解散してからまだ5年しか経っていないのに完全に風化している。この広いインターネットの海を探し回っても本気で彼女らについて言及しているものがほとんどない。これは本当に悲しすぎる。GIRL NEXT DOORのボーカルが北島康介の嫁になった以外の世間的貢献を発見するために俺はこうして静かに穏やかな気持ちでハードボイルドにGIRL NEXT DOORを聞いている。今のところ音楽的発見は1つもないが折角聞き込んでいるのでGIRL NEXT DOORについての良さを理解できたその日にはワイマール憲法下でのヒトラーの演説のように、何かに取り憑かれたように原発反対安倍政治反対するプロパガンダTwitterアカウントのようにしつこく布教していこうと思う。それでは私はGIRL NEXT DOORyoutubeについたアンチコメントに対してスパム報告する作業に戻る。それではみなさん、お元気で。

夏の過ごし方

やめていた煙草を吸った。一年弱やめていたが生活に変化はなかった。寧ろ吸ってしまった今別段に煙草が美味いというわけでもなかった。夏も本番になりだして周りは何処へ行こうか計画を立て始めている。何もやる気が起きない。薄々感づいていたがどうやら俺は夏に執着がないらしい。最近はとても暑くて唯一それだけが夏であることを夏たらしめる。お金がなくなってきたので自炊し始めた。料理というものは分量や時間を守って作る能力よりも手際の良さがより浮き彫りになる。料理上手な人は作りながら使い終わった皿やらなんやらを洗いに出したり片し始めるらしい。俺は要領が悪いのでキッキンが粉まみれになった。今日の最高気温は36℃だった。トンカツを揚げた。汗まみれになった。トンカツは美味いくせに調理過程がラクでよく作る。というのも俺は1つのモノを極めるために幾度となく繰り返し反復して習得する性であるため今週はトンカツを揚げに揚げた。食欲が余りなくても義務のように作っては食べた。トンカツのことなら私に任せなさい。

 


余りにも暑すぎるためクーラーをつけてサナトリウムのような生活を送っている。最近たくさんCDや漫画を買って時間を緩やかに埋めている。この前大阪で大きめの地震があったばかりなのに部屋はモノで溢れて返っている。本やレコードの下敷きになって死ぬのも悪くないと本気で思い始めた。これは誰も気づいていないことなんだろうけど、部屋の中心に本棚を配置することによってかなり文化レベルが上がる。ソファに座りながら手を伸ばせば文化の集約地に触れることができる。そもそも本棚を壁際に配置することを美徳としているのがおかしい。こうして今まで積んでいた本などかなり消費できているような気がする。

 


買ったものたちのラインナップとしてピロウズ一式ゆらゆら帝国一式ナンバーガールオモイデシリーズその他CDうる星やつらちびまる子ちゃんセーラームーン神の左手悪魔の右手を全巻買った。本棚を部屋の中心に配置してから本を読む量が増えたが単純に集中力が落ちているのか読むスピードが前よりも遅くなった。リハビリのためにも漫画を読んでいるが本当にスピードが落ちた。ちびまる子ちゃんを一日かけて4冊しか読めなかった。このままではインターネットにアクセスすることもままならなくなってしまう。セーラームーンに関しては一時期頭のおかしくなったときにアニメシリーズを全制覇しているのでするすると読めた。俺の好きな無印アニメの24話はアニメオリジナルであることを知った。この回は大坂なると悪の組織の幹部のネフライト様回である。ネフライト様は現実世界からも月野うさぎ達を制圧するべく偽名で彼女らに近づくが偶然月野うさぎの友達である大坂なると恋に落ち最終的には彼女の献身な愛の力により正義の心を取り戻し命を落とすのである。この回はマジで最高なのでセーラームーンに興味ある人は是非見てみるといい。セーラージュピターである木野まことも2巻で登場するわ展開がアニメに比べるとかなり早い。私の推しであるセーラーマーズこと火野レイのキャラクター像も微妙にアニメとは異なり読んでいて新しい発見が多々ある。

 


ナンバーガールを学生時代通らず過ごしたので完全に後追いであるがオモイデシリーズを狂ったように聞いている。サッポロ、シブヤ、記録シリーズと全て手に入れたので音源には当分困ることは無さそうだ。ピクシーズやギャングオブフォーの日本的解釈としてかなり上手くいっていると思う。向井秀徳の詩のポエジーさはどこから生まれるのだろう。ナンバーガールの歌詞は概念としての夏、ひいてはインターネット以降の夏(白いワンピース、少女、麦わら帽子、暑い陽射し、田園風景、夏休み、モラトリアム期間、死、静寂など)と強烈にリンクする。言葉選びというより詩の組み合わせの仕方がかなり上手くていいフレーズばかりだ。学生時代に聞いていたら間違いなくハマっていただろう。

 


そんな感じでナンバーガール聞きながら煙草を吸い漫画を読みながらなんとなしに外の雰囲気が知りたくなって窓を開けると本当に夏だった。7月の中旬であるので当然のことである。市井の人々の肉の焼ける音がした。陽射しが強烈すぎて俺は溶けてバニラになった。窓を閉めようとするとなかなか上手く閉まらなかった。理由も分からず試行錯誤しているとどうやら遮光カーテンが挟まっているようだった。遠くからは子供達がはしゃぎ回る声がした。10分ほどかけて窓を閉め終わると途方もない虚無感に包まれた。周りの人間は夏であることを理由に様々な種類の代え難い経験をしているのに俺は窓が閉まらず36℃の陽射しの中、身体の半分がバニラになりながらもがいていたのが虚しかった。そんな気持ちを引きずりながらAM2:00を過ぎた。明日は特に予定もないがまたデカい音でナンバーガールを聞こうと思う。気づかなくても俺は夏の真ん中にいた。明日は中古の戦車を拾って街を徘徊したい。

7月4日の悪意

 

 

  1. 人生が行き詰まってきたので女子高生巫女になるしかない
  2. ハロプロ良すぎて全部聞くには人生はあまりにも短すぎる...
  3. 良いものを享受するには人生はあまりにも短すぎるからコミュニケーションというものがあって毎日暮らしていくのかもしれない
  4. 岡村靖幸だから急にアァーーッ!とか叫んでる
  5. カメラ向けたら色んなポーズ取ってくれる人マジで愛おしい
  6. インターネットはもっと陰湿であっていい
  7. 酒飲んだら爆発した
  8. おしりはコミュニケーション
  9. 都会の狭い空間にあるサイゼリヤマジで好き
  10. さっき気づいたんだけど髪は短いと夏涼しい
  11. 部屋に置く場所ないのに7万のギター買いそうになってマジで危なかった
  12. 今日は30℃超えるらしいけどトンカツ揚げます
  13. 今より素敵な人になるんです
  14. 青空が頭おかしくなるくらい好きだから青空眺めてるだけで時給1200円くらい発生するバイト存在しないかな
  15. くるりのばらの花いい曲だな あと何回人生でこう思うんだろう
  16. スーパーとかコンビニで買う弁当、水平に保つの諦めてもう普通に縦とかにして持って帰ってるのお終いという感じがする
  17. レコ屋とか古本屋行くと店員がずっとパソコン見てるけどあれ何見てんの
  18. 酒のんで聞く三四郎オールナイトニッポン楽しすぎてやばいな〜
  19. 高橋しょう子の「童貞たち、殺すわよ♡」のツイートが好きすぎて今でも検索して定期的に見る
  20. 無くてもいいが生活が豊かになるものを購入し続けていたら39187円の支払いが発生した
  21. おじいさんが非常にゆっくりのスピードでお手洗いに向かっているのを見てる
  22. めちゃめちゃ苦しい壁だってなぜか不意にぶち壊す勇気とパワー湧いてくるのはめちゃくちゃ厳しい人たちが不意に見せた優しさのせいだったことなし
  23. 12歳のときニコニコ動画で偶然聞いた人間発電所で人生がおかしくなった
  24. おばけのハオハオのことばかり考えてる
  25. ℃−uteのbye bye byeとかいうミネアポリスファンク調のハロプロ屈指の隠れ名曲
  26. ファラオサンダース聞きながら洗濯物干して服にアイロンかけてる
  27. 美って無料なのやばいよな
  28. 「小学生の頃に戻りたい」って言う人たまにいるけど自分の人生ほとんど否定してんじゃん全然戻りたくねえ
  29. 餃子を満腹で失明してしまうくらい食いたい
  30. 死んだらどこに行く 天国に近いイオンモール
  31. ゲスの極み乙女 だしの効いたおでん
  32. 「寝過ごしたと思ってドアを開けたら東京はなかった」って歌詞がすごすぎる
  33. 会社でコピペだけする業務で月90万欲しい
  34. 大型トラックの免許取ろうと思うから取ったらお前らまとめて荷台に載せてやるよ 荷台でピクニックでもするがいい
  35. ミスチルを理解(わか)ろうとして10年くらい経った
  36. ぬり絵ってクソ虚無な作業だな
  37. マイメンとよくわからん田舎の道歩いたりするだけで楽しいのにそういうのはやっぱ人には誘いづらいよな
  38. 美人な先輩に水と言われて焼酎飲まされてる時が人生で一番ニヤニヤするよな
  39. 心理学を学んで会話で優位に立とうとする、その姿勢が嫌だな
  40. 低学歴なのでサイゼリヤで2000円使ったが未来は僕等の手の中って感じだった
  41. 中学時代のヤンキーと偶然再会して「今なにしてんの」って聞いたら「色々あって中学留年して今中8」と言ってた夢見た
  42. 改札前でゆっくり歩くおばさん、やめてください
  43. ネクタイ洗濯したらぐちゃぐちゃになってただの布切れになった
  44. サイゼリヤにおる女全員幸せになって欲しい
  45. 昨日はま寿司行ったら椎名林檎のギプスがジャスコみたいなアレンジで流れててウケた
  46. 物語はちと?不安定
  47. どうでもいいがインスタのストーリー凝ってるけど見やすい人はパワポ作るの上手そうだな
  48. SNOWが出現してからギャルがもっと嫌になった
  49. 日本の僧侶のほとんどは破戒しています。
  50. 志田未来が好きすぎて自転車屋に置いてある等身大パネルをどう盗むか計画立ててたことある
  51.  Kinki Kidsのシングル集が108円で売っている店を俺は知っている
  52.  初めてカラオケ行く女にzoneのsecret baseを歌わせるパワハラを人生で5回ほどしたことある
  53.  ギャル男の墓
  54.  得得うどんで得だと思ったことなし
  55.  リアムギャラガーみたいにいきなりぶん殴ったりする2018
  56.  ミスチルにありそうでない曲名 メビウス
  57.  オーロラ見たい〜と言う女は心が弱っている
  58.  不明なアルバムとかトラック1のままiPodとかに入れてる人の男気すごいな
  59.  人を笑わせたいという気持ちをずっと忘れないでいようね
  60.  将来を悩むな、SASUKEに出ろ
  61.  杏仁豆腐2L食った(体積で言うな)
  62.  ギリギリ話のわかる頭のおかしい人でいたい
  63.  高校時代のクソ仲いいやつが「玉城ティナが歌うtofubeatsの曲いいよな、素敵なメゾンってやつ あの顔でそんな声低いんか〜いっていつもツッコみながら聞いてる」って言ってて俺はこいつと友達になってよかったと思った
  64.  懐かしいよ、な〜んだ? 答:GIRL NEXT DOOR
  65.  口の中火傷しながら天丼食った
  66.  伊勢谷友介がネオナチに見えるときある
  67.  ナンバーガールってうちの母親の事らしいです
  68.  好きだとかっこいい映画 裏切りのサーカス
  69.  クレヨンしんちゃんの目が白目と黒目が逆なの現実で考えるとかなり怖いな
  70.  強めのパンチで人生がなんとかなればな
  71.  ストロークス聞きながら着替えるとストロークスっぽい格好になりがち
  72.  変拍子の曲ばかり作る人、変なオナニーでイキそう
  73.  にこるんビームによって全焼してしまった重要文化財
  74.  藤田ニコルの父親 藤田ニコラス
  75.  エロチャット
  76.  ギャルは資源
  77.  幼女に会釈されました
  78.  綾野剛のモノマネ習得したので見たい人いたら気軽に話しかけてください
  79.  ラッドウィンプスおしゃかしゃま久しぶりに聞いたらギターがピロピロ鳴っててウケた
  80.  幻影旅団で誰が好きかで占いができます 僕はノブナガです
  81.  平成がダサくなってく感覚かなりいいな
  82.  辞めてくアイドルはみんなしあわせになったらいいと思うよ
  83.  これは去年も言ったと思いますが干支にデブを入れたらもっと盛り上がると思う
  84.  おなかすいてもイライラするしおなかいっぱいでも眠たくなるしこれが死ぬまで1日3回続くのやばいだろ
  85.  佐賀を人生で感じたことない
  86.  STAP細胞が今更あったらウケるな
  87.  MajiでKo泉純一郎
  88.  テレビの角がおしりに刺さっちゃった
  89.  オシリスの天空龍って卵とか産むのかな
  90.  チキンラーメンを二袋食べたら目も耳も聞こえなくなってしまいました
  91.  クソデカいキャンピングカー買ってその中で好きな人たちとワイワイしながら暮らします。さようなら 
  92. 200万のギターいきなり買って破産しようかな
  93. 二人セゾンの時の平手友梨奈さんに戻ってくださいという思いが具現化した龍
  94. もう会えない人に俺ができる唯一のことはたまに思い返すだけだな
  95. さっきドン・キホーテ行ったら俺以外ペアルックのヤンキーしかいなくて怖くて座り込んで泣いてしまった
  96. なんだこの人生
  97. チルしてハハハしたい
  98. 銀杏BOYZのBABY BABY聞いて泣けよオタク
  99. チャットモンチーが解散するってことは単純に彼女たちの音楽の新しいものが聞けなくなるってだけじゃなくて、学生時代、チャットモンチーのコピーする女の子に思いを寄せる男の子だったりその思い寄せられる女の子だったり、その取り巻き含めての青春時代の思い出が全部完結するってことなんだろう 今までありがとう
  100. ジャムおじさん、シンプルに顔デカいな
  101. 真矢みき、改名して真矢ミキになってたんだな、クソどうでもいい
  102. こんばんは 西野七瀬です
  103. 乃木坂はシャブ
  104. 小学五年のときにクラスのマドンナ的存在である待山さんに誤って金玉を蹴られて以来僕の人生はおかしくなってしまいましたね
  105. 柴田聡子の眼鏡が壊れたらしい
  106. 時に睡眠は俺を試してる Because I Love You
  107. ファンタスティポ

返信

目が覚めると俺は巨大な虫になっていた。

甲虫である。仰向けになっていて動くことができない。会社に遅れると連絡を入れたいがこんな状態ではそれすらできない。そもそも声帯はあるのか?声を出そうとしてみたが何も音らしきものは出なかった。か細い足がじたばた動いただけだった。六本足の側面に釘バットのように忠実に生えている棘がベッドのシーツに引っかかって裂けた。

時計を見るとまだ午前5時4分だった。寺山修司の命日は5月4日だったことを思い出した。複眼のおかげなのかいつもより鮮明により立体的に目覚まし時計が見えた。電池が消えかかっているのかデジタル文字の5の縦棒が薄いのまではっきりと見えた。人間に戻れたら電池を買いに行こうとぼんやり思った。

いつも家を出る7:30までにはなんとか人間に戻りたい。

とりあえず起き上がることすらままならないのでなぜこんな状況になってしまったのかの記憶を探っていくことにした。

昨日は21:00過ぎに退勤し24時間のスーパーで惣菜と酒とトイレットペーパーを買った。トイレットペーパーを買うのはいつもなんだか恥ずかしい。側から見てもあぁあの人は今家にトイレットペーパーが無いんだな、というのがわかるしトイレットペーパーはかなり体積が大きいので持って帰るのも不恰好になるからである。スーパーから家までは15分ほどあり、大通りを通らなければならないので人目が気になる。

そんなことはどうでもいい。

自宅に帰ると強烈な眠気に襲われ這うようにベッドにたどり着いて眠った。誰かからのメールが来ていたような気がするが返信する余裕はなかった。森で迷って鹿を頼りに歩く夢を見た。

目を覚ますと今の状況である。

その昔フランツカフカなる人物の代表作の変身でも同じような境遇の男が描かれていたがどんな内容だったかは忘れた。確か人間に戻れずそのまま死んだような記憶がぼんやりとある。俺もこのまま戻らないのかと一瞬不安がよぎったがすぐにどうでもよくなった。中途半端に戻るくらいならずっとこのままでいたかった。虫になった今でもこのように抽象的な思考ができるのに今更気づいてこれまで殺してしまった虫たちへの申し訳なさが溢れてきた。これからは出来るだけ優しく接しようと思った。

急に変身してしまったのをリアルに感じて不覚にも声を出して泣いてしまいそうになった。少しだけ声が漏れたような気がした。その音は泣き声ではなく羽が震えて聞いたことのないような音を奏でていた。ただ不安な気持ちは全くなかった。隣の部屋から壁ドンがあった。俺は泣くのをやめた。

窓から日光が漏れ始めた。空を見るのは久しぶりだった。雲はなかった。

しばらくするうちに腹が減ってきた。腹が減ると大抵のことはどうでもよくなるもので自らが仰向けになった175cmほどの甲虫であることを束の間忘れた。いつも朝飯は超熟と味噌汁(インスタント)とコーヒーだが今日はやたら甘いものが食べたかった。味なんてどうでもいい、甘味成分の凝縮されたなるべく密度の高いくどい味を欲していた。これは現実なのだろう。俺はどうやら本当に甲虫になってしまったようだ。頭の中に樹液のイメージがチカチカして消えない。

こうして今虫になってしまっているのにもかかわらずさっきからどうにかしないとみたいな気持ちが全く湧いてこない。虫には不安を感じる感受性がないらしい。気が動転しているにもかかわらずなぜか楽観的である。これはいい。外見以外の問題は完璧に解決されたと思った。

また強烈な眠気に襲われた。抗うことも出来ずに目を瞑るとそこはまた森だった。さっきと違うことは俺はそこでは迷わなかった。鹿もいなかった。迷うことなく出口に辿り着いたところで目が覚めた。身体が戻っていた。

手で確認する。目の窪み、耳、少し曲がった鼻、あごひげ。

俺は人生で初めてこの身体であることを感謝した。甲虫になるのも悪くないと思っていた自分を思い返してゾッとした。

そうして身体を起こしたときあることに気づいた。ベッドのシーツが破けていた。何かに引っかかって力が入ったような裂け方だった。

時計に目をやるともう午前7時を過ぎていた。

俺は急いで会社へ行く支度を整え家を出た。くどいほど甘いものはもう食べたくなかった。返信していないメールの存在も忘れたまま今日が始まった。

夏にしたい100のこと

 

1.   旅行の計画を立てたい
2.   海に行きたい
3.   海の家でバイトしてる人に思いを馳せたい
4.   潮風に吹かれた帽子を見てたい
5.   かき氷を食べたい(体に悪そうな見た目なほど良い)
6.   パーキングエリアで夏の星座を見たい
7.   花火大会で迷子になりたい
8.   アイスは食べなくてもいい
9.   蚊取り線香の匂いが知りたい
10. 昔のポカリスエットのCMを延々と見たい
11. 髪を切りたい
12. ホラー映画はそんなに見なくてもいい
13. 廃墟に行きたい
14. 滝を見に行きたい
15. いい感じの半ズボンを入手したい
16. クーラーのガンガン聞いた部屋でプレステ2やりたい
17. 酒が飲みたい
18. プールに行きたい
19. 風呂の壁を青いタイルで埋めたい
20. サマージャム’95聞きたい
21. 横道世之介見たい
22. 田舎に行きたい
23. 夜の高速を走りたい
24. 口ずさみたい
25. 香水を変えたい
26. 早起きしたい
27. 炭酸の弾けるぱちぱちという音を聞いていたい
28. 公衆電話からかけてみたい
29. スイカはあんまり食べたくない
30. 微睡んでたい
31. お洒落して街に繰り出さず家に居たい
32. 免許を取りたい
33. 寒くなるまで外に居たい
34. くるりのハイウェイ聞きたい
35. 不安定な気持ちを持て余したい
36. 夕方に一人で煙草吸いたい
37. 弔いたい
38. 小津安二郎成瀬巳喜男で暇を埋めたい
39. 夏だけの日記をつけたい
40. サンダル履きたい
41. 死にたい
42. 檸檬齧りたい
43. 小さな水族館に行きたい
44. デートしたい
45. 些細な嘘にドキドキしたりしたい
46. カーテンにくるまりたい
47. タオルケットにもくるまりたい
48. 読めない手紙送り合いたい
49. 夜にバッティングセンターに行きたい
50. センチメンタルになりたい
51. お前らの定義したセンチメンタルに当てはめられたくない
52. 辛いカレーを食べたい
53. 死について考えたい
54. 無計画に暮らしたい
55. 料理したい
56. ブエノスアイレスの夏について馳せたい
57. 痛みのない世界に行きたい
58. 食料を買い込んで世界が終わるごっこしたい
59. 睡眠薬でトリップしたい
60. 晩年を読みたい
61. 星月夜のような夜を探したい
62. 図書館に行きたい
63. 歯ブラシを買い換えたい
64. 山口小夜子に人生をめちゃくちゃにされたい
65. くだらない
66. 京都から離れたくない
67. 存在と時間を今夏には読破したい
68. 無気力に笑いたい
69. 人間関係を清算したい
70. 夜の体育館に忍び込みたい
71. 久しぶりに親の顔が見たい
72. 水道水がぬるくて夏を感じたい
73. 雨のアスファルトの匂いを感じたい
74. 8月32日に行きたい
75. タクシーに乗りたい
76. 渇きを埋めたい
77. 夏は暑いなーと言いたい
78. 地下の喫茶店で誰かを待つ振りをしたい
79. 新しいポスターと紫の電球を買いたい
80. 肯定したい
81. 地球は無限平面であることを証明したい
82. 炭酸の抜けたコーラはもういらない
83. 冷蔵庫なしの生活をしてみたい
84. 原子力発電所の近くに住んでみたい
85. 恋は別にしなくてもいい
86. おはようと言いたい
87. 植物を育てたい
88. 空港で取り残される夢を見るのやめたい
89. 今までマーカーで塗りつぶした文字たちに謝りたい
90. 夜中の道路で寝転びたい
91. 蜂蜜舐めたい
92. 家具を捨てたい
93. ダンボールに収まるくらいの本しかいらない
94. 嘘が上手くなりたい
95. 約束の丘で待ちたい
96. TOKIOに住んでみたい
97. グルーヴを捕まえたい
98. 最終電車で海に行きたい
99. オモヒデをオーバードライブしたい
00. 100のことを半分くらいは達成したい

邦画ベスト

今まで見た邦画を整理した。いい映画は好きな映画足り得ないし、好きな映画は良い映画だと必ずしも言い切れない。

 

50. ブラックキス (2004) 手塚眞

f:id:galaxypimptaste:20180403025248j:plain


49. 泥の河 (1981) 小栗康平

f:id:galaxypimptaste:20180403024937j:plain


48. HOUSE (1977) 大林宣彦

f:id:galaxypimptaste:20180403024826j:plain


47. 八月の濡れた砂 (1971) 藤田敏八

f:id:galaxypimptaste:20180403025332j:plain


46. 細雪 (1983) 市川崑

f:id:galaxypimptaste:20180403025044j:plain


45. タンポポ (1985) 伊丹十三

f:id:galaxypimptaste:20180403025017j:plain


44. 溺れるナイフ (2016) 山戸結希

f:id:galaxypimptaste:20180403024638j:plain


43. 天然コケッコー (2007) 山下敦弘

f:id:galaxypimptaste:20180403025207j:plain


42. 浮き雲 (1955) 成瀬巳喜男

f:id:galaxypimptaste:20180403022422j:plain


41. 羅生門 (1950) 黒澤明

f:id:galaxypimptaste:20180403024255j:plain


40. 野獣死すべし (1980) 村川透

f:id:galaxypimptaste:20180403024905j:plain


39. 1999年の夏休み (1988) 金子修介

f:id:galaxypimptaste:20180403023835j:plain


38. 百円の恋 (2014) 武正晴

f:id:galaxypimptaste:20180403023306j:plain


37. Dolls (2002) 北野武

f:id:galaxypimptaste:20180403024715j:plain


36. 超能力研究部の3人 (2014) 山下敦弘

f:id:galaxypimptaste:20180402223031j:plain


35. 仁義なき戦い 広島死闘篇 (1973) 深作欣二

f:id:galaxypimptaste:20180403024027j:plain


34. HAZARD (2002) 園子温

f:id:galaxypimptaste:20180403024443j:plain


33. ラブホテル (1985) 相米慎二

f:id:galaxypimptaste:20180403023724j:plain


32. 六月の蛇 (2002) 塚本晋也

f:id:galaxypimptaste:20180402221935j:plain


31. 桐島、部活やめるってよ (2012) 吉田大八

f:id:galaxypimptaste:20180403024556j:plain


30. リアリズムの宿 (2003) 山下敦弘

f:id:galaxypimptaste:20180402222013j:plain


29. 害虫 (2002) 塩田明彦

f:id:galaxypimptaste:20180403023050j:plain


28. ツィゴイネルワイゼン (1980) 鈴木清順

f:id:galaxypimptaste:20180403022918j:plain


27. 砂の器 (1974) 野村芳太郎

f:id:galaxypimptaste:20180403024115j:plain


26. 台風クラブ (1985) 相米慎二

f:id:galaxypimptaste:20180403023232j:plain


25. 晩春 (1949) 小津安二郎

f:id:galaxypimptaste:20180403035617j:plain


24. 息子 (1991) 山田洋二

f:id:galaxypimptaste:20180402222801j:plain


23. この世界の片隅に (2016) 片淵須直

f:id:galaxypimptaste:20180402221246j:plain


22. ときめきに死す (1984) 森田芳光

f:id:galaxypimptaste:20180403025120j:plain


21. ディアーディアー (2015) 菊池健雄

f:id:galaxypimptaste:20180402221846j:plain


20. 砂の女 (1964) 勅使河原宏

f:id:galaxypimptaste:20180403022823j:plain


19. Wの悲劇 (1984澤井信一郎

f:id:galaxypimptaste:20180402222112j:plain


18. スローなブギにしてくれ (1981) 藤田敏八

f:id:galaxypimptaste:20180402222346j:plain


17. 横道世之介 (2013) 沖田修一

f:id:galaxypimptaste:20180402221506j:plain


16. 愛のむきだし (2008) 園子温

f:id:galaxypimptaste:20180402220309j:plain


15. 東京物語 (1953) 小津安二郎

f:id:galaxypimptaste:20180402220048j:plain


14. 殺しの烙印 (1967) 鈴木清順

f:id:galaxypimptaste:20180402220002j:plain


13. CURE (1997) 黒沢清

f:id:galaxypimptaste:20180402215729j:plain


12. どこまでもいこう (1999) 塩田明彦

f:id:galaxypimptaste:20180403035813j:plain


11. 大いなる幻影 (1999) 黒沢清

f:id:galaxypimptaste:20180403024216j:plain


10. 恋人たち (2015) 橋口亮輔

f:id:galaxypimptaste:20180402215055j:plain


9. 天国と地獄 (1963) 黒澤明

f:id:galaxypimptaste:20180402220144j:plain


8. 青い春 (2001) 豊田利晃

f:id:galaxypimptaste:20180402215610j:plain


7. 女囚701号 さそり (1972) 伊藤俊也

f:id:galaxypimptaste:20180402215451j:plain


6. ソナチネ (1993) 北野武

f:id:galaxypimptaste:20180402215250j:plain


5. 夢二 (1991) 鈴木清順

f:id:galaxypimptaste:20180402221349j:plain


4. 月光の囁き (1999) 塩田明彦

f:id:galaxypimptaste:20180402215129j:plain


3. そこのみにて光り輝く (2013) 呉美保

f:id:galaxypimptaste:20180402214728j:plain


2. 3-4x10月 (1990) 北野武

f:id:galaxypimptaste:20180402214258j:plain


1. 46億年の恋 (2005) 三池崇史

f:id:galaxypimptaste:20180402214500j:plain

 

 

気怠い雰囲気の映画ばかりになっちゃった。

悲しい気持ちになってしまって何もすることができない。今まで月に何度かこういう日が繰り返しやって来るからなんとかして乗り越えていたはずだけど、今回のは厳しい。
久しぶりに旧友と会った。
今日はとても晴れていて冬なんてのは空想上のものだと思えるほど遠くにあるような気がした。完全に春だった。
色んな話をしてお互いに別れて家に着いたと同時に悲しい気持ちに襲われた。
春は季節の始まりだから疎遠になった友人達のことを思い出してしまう。
故郷を離れてからそこで僕だけ時間が止まっているような気がする。上手く前に進むことができない。
悲しい気持ちとはまた違うのかもしれない。待ち合わせ場所に時刻になっても誰も来ないような不安さ。時間の流れが僕の心臓をキリキリと締め付ける。知らない街で迷子になってしまったようでもある。世界で一人ぼっちになってしまったのかもしれない。
こういう莫大な空白の時間を埋めるために映画や本に耽溺しているけれど今日みたいな日はそういう行為に耽ってみても虚しく感じるだけで何も味がしない。五感が全て失われたのに意識だけあるみたいだ。吐き出す場所さえない。
思い出になってしまった人たちは僕にとってはもう遠くの惑星で暮らしているのとなんら変わりはなくて。
季節が変わるごとに流動的に人間関係を清算していくしか処世術を知らない無知な僕はこれから先もこうやって生きていくしかないらしい。
今日に至ってはお腹も空かないし眠くもならない。久しぶりに吸った煙草は味がしなくて一口で捨てた。酒を飲んだらきっともっと死にたくなるだろう。
不時着した宇宙船から救助信号を待つような夜は続く。
次第に訪れる眠気に身を任せよう。明日の朝の光に包まれて今日の憂鬱なんて全て忘れて新しい気持ちで始められるように。

祈りながら僕は目を閉じる。